メールマガジン サンプル

このメールは、私が中小製造業に従事していた時の経験と知見を活かして、
皆さまのお役に少しでも立てるかなと思う情報を配信しています。
本日もよろしくお願いします。

子供たちの夏休みも終わりに近づき、
暑さも和らいできたかなと感じています。

皆さまお変わりはございませんか?

本日は、業務(工程)改善に着手する際に目を付けるべき点について、
お話をさせていただきます。

「ムラ・ムリ・ムダ」

この言葉は良くご存知ですよね。

自社の業務や工程の中で
これらを見つけ出して排除して行くことが改善になります。

実は、この3つの言葉には、順番があります。

「ムラ」があるから
「ムリ」をするようになり
「ムダ」が生じてきます。

改善を思い立ったら、
まずは、どこにムラが生じているのかを見極めてみましょう。

例えば、同じ作業を行っても、
Aさんは10分、Bさんは20分と差があるとします。

「ムラ」が生じていますね。

ただ、漠然とBさんよりAさんの方が早いと済ましてしまうのではなく、

時間はどれくらい違うのか?

作業方法はどうしているのか?

などをきっちりと検証することが大事です。

まずは、事実を拾い集めること。

そこから改善のスタートになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。